不景気.com > 赤字決算 > レオパレス21の19年3月期は70億円の最終赤字へ、界壁不備

レオパレス21の19年3月期は70億円の最終赤字へ、界壁不備

レオパレス21の19年3月期は70億円の最終赤字へ、界壁不備

東証1部上場のアパート賃貸大手「レオパレス21」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が最大で70億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:レオパレス21

売上高営業損益純損益
前回予想 5530億円 245億円 115億円
今回予想 5100億円~
5160億円
75億円~
105億円
△50億円~
△70億円
前期実績 5308億4000万円 229億3000万円 148億1900万円

今年4月に発覚した界壁施工の不備により、調査および補修工事の完了まで対象物件の空室募集を停止しているほか、アパートローン融資の環境変化や競争激化により、建築請負工事の受注高が低迷しています。また、界壁施工不備による補修工事関連損失引当金として70億円の特別損失を計上することから、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:レオパレス21

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事