不景気.com > 赤字決算 > オリンパスの19年第1四半期は166億円の最終赤字、和解金で

オリンパスの19年第1四半期は166億円の最終赤字、和解金で

オリンパスの19年第1四半期は166億円の最終赤字、和解金で

東証1部上場の光学機器メーカー「オリンパス」は、2019年3月期第1四半期決算短信を発表し、四半期純損益が166億8500万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2019年3月期第1四半期連結業績:オリンパス

売上高営業損益純損益
2019年3月期(1Q) 1805億5400万円 △116億3900万円 △166億8500万円
前年同期 1718億4600万円 127億700万円 100億5500万円
通期予想 8000億円 580億円 400億円

医療事業および科学事業が増収だった一方、損失計上の先送りによる過去の不適切な会計処理に絡み、損害賠償請求訴訟の和解に伴う解決金として190億2800万円、中国子会社におけるデジカメ生産の中止に伴う撤退関連費用として53億8000万円、同子会社に対する訴訟の判決に伴う損害賠償金などとして34億5700万円をそれぞれ計上したことから、営業損益・純損益ともに大幅な赤字に転落となりました。

2019年3月期第1四半期決算短信:オリンパス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事