不景気.com > 赤字決算 > オリンパスの19年第2四半期は54億円の最終赤字、米引当金

オリンパスの19年第2四半期は54億円の最終赤字、米引当金

オリンパスの19年第2四半期は54億円の最終赤字、米引当金

東証1部上場の光学機器メーカー「オリンパス」は、2019年3月期第2四半期決算短信を発表し、四半期純損益が54億9400万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2019年3月期第2四半期連結業績:オリンパス

売上高営業損益純損益
2019年3月期(2Q) 3818億4900万円 29億8500万円 △54億9400万円
前年同期 3694億3100万円 373億9300万円 298億3800万円
通期予想 7900億円 440億円 260億円

損害賠償請求の和解に伴う解決金として192億2600万円、映像事業における生産拠点の再編に伴う費用として58億9800万円、中国生産子会社に対する訴訟の判決に伴う損害賠償に対する引当金として37億9300万円、アメリカ司法省の調査に関する損失見込額の引当金として96億5300万円をそれぞれ計上することから、純損益は赤字転落となりました。

2019年3月期第2四半期決算短信:オリンパス

関連記事

「赤字決算」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事