不景気.com > 国内倒産 > 和歌山の信販会社「連専」に破産開始決定、負債89億円

和歌山の信販会社「連専」に破産開始決定、負債89億円

和歌山の信販会社「連専」に破産開始決定、負債89億円

和歌山県和歌山市に本拠を置く信販会社の「株式会社連専」は、6月29日付で大阪地方裁判所より破産手続の開始決定を受けたと発表しました。

同社は、1952年に「和歌山連合専門店協同組合」としてクーポンの発行を開始し、1960年に「和歌山連専商事株式会社」の商号で法人化、1981年に現商号へ改称すると、クレジットカードの発行を主力に事業を展開するほか、消費者金融事業も手掛けていました。

しかし、加入者数の減少などから業績が低迷したことに加え、過払金の返還請求による資金繰りの悪化が追い打ちを掛け、その後は事業を縮小しながら過払金への対応を進めたものの、ここに来て事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約88億9000万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事