不景気.com > 国内倒産 > ハーレーの老舗ディーラー「村山モータース」に破産開始決定

ハーレーの老舗ディーラー「村山モータース」に破産開始決定

ハーレーの老舗ディーラー「村山モータース」に破産開始決定

東京都渋谷区に本拠を置く二輪車販売の「株式会社村山モータース」は、7月18日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1953年に設立の同社は、輸入二輪車の販売・修理・整備を主力に事業を展開し、古くからハーレーダビッドソンの輸入・販売を手掛ける老舗ディーラーとして知られ、新宿・横浜・八王子に店舗を構えるなど事業を拡大していました。

しかし、二輪車市場の縮小により売上が悪化すると、横浜・八王子の店舗を閉鎖するなどのリストラを進めたものの、業績の改善には至らず資金繰りが逼迫したため、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約1億5000万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事