不景気.com > 買収合併 > 出光興産と昭和シェル石油が経営統合へ、3年間の足踏みも

出光興産と昭和シェル石油が経営統合へ、3年間の足踏みも

出光興産と昭和シェル石油が経営統合へ、3年間の足踏みも

東証1部上場の石油元売り大手「出光興産」と「昭和シェル石油」は、2019年4月1日付で経営統合すると発表しました。

統合は株式交換方式により実施し、形式上は出光興産が昭和シェル石油を子会社化することから、2019年3月29日付で昭和シェル石油は上場廃止となります。なお、経営統合後も一定の期間は両社のブランドを併用するほか、トレードネームは「出光昭和シェル」とする予定です。

ガソリンをはじめとする石油製品の需要減退に加え、過剰設備などが国内石油産業の構造的な問題となっているため、経営統合による事業の効率化が急務となっており、両社は3年間で最大300億円のコスト削減を見込んでいます。

両社の経営統合を巡っては、2015年7月に統合協議を開始すると発表したものの、出光の創業家が統合に反対したことから、合意までに3年の月日を要していました。創業家は、取締役を2名推薦できること、出光のブランドを継続使用すること、自己株式を取得することなどの条件付きで、経営統合を認める判断に至ったようです。

経営統合に関する合意書の締結のお知らせ:出光興産

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事