不景気.com > 企業不況 > 富士フイルムが医薬品子会社「富士フイルムファーマ」を解散

富士フイルムが医薬品子会社「富士フイルムファーマ」を解散

富士フイルムが医薬品子会社「富士フイルムファーマ」を解散

東証1部上場の「富士フイルムホールディングス」は、100%出資子会社の「富士フイルムファーマ」(東京都港区)を解散すると発表しました。

2009年に設立の同子会社は、ジェネリック医薬品の販売を主力に事業を展開していたものの、製薬業界の環境変化などから、安定的な事業活動の継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

今後は、医薬品事業を手掛けるグループ会社2社を統合し、同社を中心にがん・神経疾患・感染症領域の新薬開発などを進める予定とのことです。

子会社の解散に関するお知らせ:富士フイルムホールディングス

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事