不景気.com > 赤字決算 > 日本アジアグループの19年3月期は20億円の赤字へ、デジカメ不振

日本アジアグループの19年3月期は20億円の赤字へ、デジカメ不振

日本アジアグループの19年3月期は20億円の赤字へ、デジカメ不振

東証1部上場で空間情報事業などを手掛ける持株会社の「日本アジアグループ」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が20億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:日本アジアグループ

売上高営業損益純損益
前回予想 1100億円 32億円 10億円
今回予想 1025億円 4億円 △20億円
前期実績 733億1800万円 31億5300万円 14億4800万円

デジタルカメラ事業を手掛ける子会社の「ザクティ」において、デジタルカメラ市場の低迷により生産受注および開発受託が減少するなど業績が悪化したため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:日本アジアグループ

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事