不景気.com > 海外リストラ > 東芝が米テキサスの原子力プラント建設プロジェクトから撤退

東芝が米テキサスの原子力プラント建設プロジェクトから撤退

東芝が米テキサスの原子力プラント建設プロジェクトから撤退

東証・名証2部上場の電機大手「東芝」は、アメリカ・テキサス州の原子力プラント建設工事プロジェクトから撤退すると発表しました。

対象となるのは、連結子会社の「Toshiba America Nuclear Energy」を通じて行うSouth Texas Projectの発電所3号機・4号機の改良型沸騰水型原子炉で、2018年末をめどに撤退完了の予定です。

シェールガス革命によるアメリカの電力価格の大幅低下に加え、東日本大震災の影響による原子力の規制強化などから計画の進行が見込めない状況となっており、事業採算性の確保にめどが立たないとして今回の決定に至ったようです。

テキサス州原子力プラント建設プロジェクトからの撤退に関するお知らせ:東芝

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事