不景気.com > 国内倒産 > ゲーム開発の「ディンゴ」に破産開始決定、負債3億円

ゲーム開発の「ディンゴ」に破産開始決定、負債3億円

ゲーム開発の「ディンゴ」に破産開始決定、負債3億円

3月21日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任していたゲーム開発会社「株式会社ディンゴ」(東京都渋谷区)は、4月25日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受けたことが明らかになりました。

1998年に設立の同社は、コンシューマーゲーム機器向けソフトウェアの企画・開発を主力に事業を展開し、PlayStation Portable向けソフト「初音ミク -Project DIVA-」や「フォトカノ」が代表作として知られていました。

しかし、スマートフォンゲームの台頭で受注が減少すると、その後はiOS向け「オカルトメイデン」をはじめとするスマートフォンゲームの開発に注力したものの、同業他社との競争激化で業績は回復せず、事業継続を断念していました。

負債総額は約3億4000万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事