不景気.com > 不景気ニュース > 青山ブックセンターが「六本木店」を閉店、創業の地で38年

青山ブックセンターが「六本木店」を閉店、創業の地で38年

青山ブックセンターが「六本木店」を閉店、創業の地で38年

東京都内で書店を展開する「青山ブックセンター」は、6月25日をもって創業の地でもある六本木店を閉店すると発表しました。

1980年に1号店として開業の六本木店は、六本木駅の至近に立地する中規模書店で、デザイン・アート関連の書籍や洋書・洋雑誌の品揃えに特徴を持ち、また、深夜営業する書店の先駆けとしても知られていました。

一方、運営会社の経営破綻や親会社の度重なる変更などから、不安定な運営を余儀なくされたことに加え、出版不況に伴う売上の減少も重なり、38年の歴史に幕を閉じる決定に至ったようです。

青山ブックセンターからお知らせ | 青山ブックセンター

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事