不景気.com > 赤字決算 > 三越伊勢丹HDの18年3月期は10億円の最終赤字へ

三越伊勢丹HDの18年3月期は10億円の最終赤字へ

三越伊勢丹HDの18年3月期は10億円の最終赤字へ

東証1部・福証上場の百貨店大手「三越伊勢丹ホールディングス」は、2018年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が10億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績予想:三越伊勢丹ホールディングス

売上高営業損益純損益
前回予想 1兆2700億円 220億円 80億円
今回予想 1兆2680億円 240億円 △10億円
前期実績 1兆2534億円 239億3500万円 149億7600万円

経費削減を進めたことで営業利益は前回予想を上回ると見込むものの、店舗設備など固定資産の減損損失として110億円の特別損失を計上するほか、早期退職者募集など構造改革に伴う費用を計上するため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:三越伊勢丹ホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事