不景気.com > 国内リストラ > クラリオンが2018年3月期に394名を削減、費用19億円

クラリオンが2018年3月期に394名を削減、費用19億円

クラリオンが2018年3月期に394名を削減、費用19億円

東証1部上場で日立グループのカーナビ大手「クラリオン」は、1月30日付で公表していた「グローバル要員体制の見直し」について、2018年3月期中に384名を削減したと発表しました。

日本・米州・欧州・アジア・豪州を対象として、開発・営業・生産体制の集約・再編を進めるもので、当初の要員削減見込み数450名のうち、その大部分を当期中に削減しました。なお、この関連費用として当期に約19億円の一時費用を計上しました。

今後は、海外事業会社において50名の人員削減を予定しており、その費用として約3億円を見込んでいます。

車載用オーディオやカーナビの不振に加え、自動運転をはじめとする自動車業界の変化に対応するべく、成長分野への開発投資が必要と判断し今回の施策に至ったようです。

事業ポートフォリオ改革の加速に伴う経営資源の選択と集中の進捗に関するお知らせ:クラリオン

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事