不景気.com > 赤字決算 > クラリオンの19年3月期は5億円の最終赤字へ、市場減速で

クラリオンの19年3月期は5億円の最終赤字へ、市場減速で

クラリオンの19年3月期は5億円の最終赤字へ、市場減速で

日立グループで東証1部上場のカーナビ大手「クラリオン」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が5億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:クラリオン

売上高営業損益純損益
前回予想 1650億円 30億円 17億円
今回予想 1500億円 25億円 △5億円
前期実績 1830億5600万円 73億5300万円 20億7900万円

中国をはじめとする世界的な自動車販売の減速に伴い、主力となるカーナビ・カーオーディオの販売が低迷しているほか、450名規模の人員削減や工場再編に伴う構造改革費用を計上することから、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:クラリオン

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事