不景気.com > 赤字決算 > ネオスの18年2月期は5億円の最終赤字へ、無配転落

ネオスの18年2月期は5億円の最終赤字へ、無配転落

ネオスの18年2月期は5億円の最終赤字へ、無配転落

東証1部上場でシステム・アプリケーション開発などを手掛ける「ネオス」は、2018年2月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が5億3800万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年2月期通期連結業績予想:ネオス

売上高営業損益純損益
前回予想 55億円 5000万円 4000万円
今回予想 49億6500万円 △3億2700万円 △5億3800万円
前期実績 52億8700万円 △2億7100万円 △3億5800万円

注力している新規サービスにおいて、競争激化や法人の導入に時間を要しているため、売上が計画を下回っていることに加え、ソリューション事業における不採算案件の発生なども重なり、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。また、業績の赤字修正を受け、年間配当を無配とすることも併せて明らかにしました。

業績予想の修正に関するお知らせ:ネオス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事