不景気.com > 赤字決算 > 電算の19年3月期は9億円の最終赤字へ、ソフトウェア減損で

電算の19年3月期は9億円の最終赤字へ、ソフトウェア減損で

電算の19年3月期は9億円の最終赤字へ、ソフトウェア減損で

東証1部上場で情報処理サービスやシステム開発を手掛ける「電算」は、2019年3月期通期業績予想を下方修正し、当期純損益が9億8000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期業績予想:電算

売上高営業損益純損益
前回予想 143億円 2億8000万円 1億9300万円
今回予想 137億円 △3億9000万円 △9億8000万円
前期実績 135億9700万円 10億4800万円 7億4400万円

一部案件の失注や延期により売上高は前回予想を下回ると見込むほか、新総合行政情報システムの導入に伴う検証作業などの工数の増加や、当該システムの開発言語「Java」のサポート有償化をはじめとする環境変化に伴い、一部ソフトウェア資産の減損損失として9億6300万円の特別損失を計上することから、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:電算

「赤字決算」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事