不景気.com > 海外倒産 > 米NYスーパー「Tops Markets」が破産法申請、負債773億円

米NYスーパー「Tops Markets」が破産法申請、負債773億円

米NYスーパー「Tops Markets」が破産法申請、負債773億円

アメリカのニューヨーク州に本拠を置くスーパーマーケットチェーンの「Tops Markets」(トップスマーケッツ)は、2月21日付で破産法第11章(日本の民事再生法に相当)の適用を申請したと発表しました。

1962年に創業の同社は、ニューヨーク州を中心に174店舗の食品スーパーを展開し、特に当地では高い知名度を有するチェーンで、従業員数は約1万4000名を数えるなど事業規模を拡大していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みや、同業他社との価格競争の激化に加え、ネット通販の台頭による売上の減少も重なり資金繰りが逼迫したため、事業継続には債務の削減が必要と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約7億2000万ドル(約773億円)です。

Tops Markets Pursuing Financial Restructuring

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事