不景気.com > 赤字決算 > 千代田化工建設の18年3月期は95億円の営業赤字へ

千代田化工建設の18年3月期は95億円の営業赤字へ

千代田化工建設の18年3月期は95億円の営業赤字へ

東証1部上場のエンジニアリング業「千代田化工建設」は、2018年3月期通期連結業績予想を修正し、当期営業損益が95億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績予想:千代田化工建設

売上高営業損益純損益
前回予想 4300億円 85億円 50億円
今回予想 5000億円 △95億円 50億円
前期実績 6037億4500万円 156億8000万円 △411億1600万円

アメリカのLNGプロジェクトにおける、天候不順や現場作業員の生産性に起因する追加費用が、約180億円の利益下振れ要因となることから、営業損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

なお、2017年2月に35%出資の持分法適用会社だった「EMAS CHIYODA Subsea」が経営破綻したことに伴い、前期決算において229億円の関係会社事業損失引当金を計上したものの、再生手続きが完了したことに伴い、引当金残額の戻し入れとして今期第2四半期に121億円の特別利益を計上したことから、純損益は黒字予想を据え置いています。

業績予想の修正に関するお知らせ:千代田化工建設

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事