不景気.com > 国内リストラ > パイオニアが国内外で1500名の人員削減へ、転籍も

パイオニアが国内外で1500名の人員削減へ、転籍も

パイオニアが国内外で1500名の人員削減へ、転籍も

東証1部上場の電機メーカー「パイオニア」は、国内で約800名、海外で約700名、合計で約1500名の人員削減を明らかにしました。

また、音響・映像機器事業およびDJ機器事業を売却することで、それに携わる人員の減少も見込むことから、それらを合わせると全従業員の約1割に相当する2200名規模の削減となる予定です。

新興国を中心に成長が見込めるカーナビなどのカーエレクトロニクス事業に注力するため、不振だった音響・映像機器事業に加え、世界シェア1位を誇るDJ機器事業も売却することにより、抜本的な事業ポートフォリオの再編を進める方針です。

事業方針についてのお知らせ:パイオニア

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事