不景気.com > 不景気ニュース > 再生ソフト「Winamp」が12月20日で提供終了、16年の歴史に幕

再生ソフト「Winamp」が12月20日で提供終了、16年の歴史に幕

再生ソフト「Winamp」が12月20日で提供終了、16年の歴史に幕

アメリカのソフトウェア開発業「Nullsoft」は、メディア再生ソフト「Winamp」のダウンロード提供を12月20日で終了し、ウェブサイトおよび関連サービスを閉鎖すると発表しました。

1997年に開発されたウィンドウズ用のメディア再生ソフトで、音楽フォーマットMP3の再生ソフトとして爆発的な人気を獲得すると、その後は動画再生にも対応するなど高い知名度を誇っていました。

しかし、利用者における視聴環境の変化や、同様の性能を有したライバルが続々登場したことで次第に人気を失うと、今後の開発継続は困難と判断し16年の歴史に幕を閉じる決定に至ったようです。

同社では、利用者に対し12月20日までに最新版をダウンロードするよう注意を促しています。

Winamp Media Player - MP3、ビデオ、および音楽向けの無料プレーヤー

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事