不景気.com > 不景気ニュース > 山口の「近鉄松下百貨店」が13年2月末をもって閉店

山口の「近鉄松下百貨店」が13年2月末をもって閉店

山口の「近鉄松下百貨店」が13年2月末をもって閉店

山口県周南市にて百貨店を運営する「近鉄松下百貨店」は、2013年2月末をもって閉店すると発表しました。

1962年4月に「松下百貨店」として設立の同社は、同年9月に百貨店を開業するとともに「近鉄」からの出資を受け入れ、1965年には商号を現在の「近鉄松下百貨店」へ改称すると、1983年には増改築工事により本館8階建・南館5階建・営業面積1万平方メートルを誇る規模となり市街地の中心的存在として営業を続けてきました。

しかし、景気低迷に伴う個人消費の落ち込みで近年は赤字に陥るなど厳しい環境が続いていることから、営業継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

近鉄松下百貨店 閉店のお知らせ|近鉄松下百貨店

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事