不景気.com > 国内倒産 > 岐阜の管材卸「大垣管材」が民事再生法を申請、負債16億

岐阜の管材卸「大垣管材」が民事再生法を申請、負債16億

岐阜の管材卸「大垣管材」が民事再生法を申請、負債16億

岐阜県大垣市に本拠を置く管材卸の「大垣管材」は、11月29日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

毎日新聞(電子版)などが伝えたところによると、同社は1958年の設立。大垣市やその周辺地域において、管材や衛生設備機器・住宅設備機器を取り扱い、同地域では相応の知名度を有していました。

しかし、景気低迷による公共工事の縮減や、建設需要の落ち込みから受注が大幅に悪化。資金繰りも行き詰まり、自力での再建を断念し今回の措置となったようです。

2009年9月期末時点の負債総額は約16億円。今後は営業を続けながら再建を目指す見通し。

大垣管材:民事再生法適用を申請 /岐阜 - 毎日jp(毎日新聞)

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事