不景気.com > 赤字決算 > ニッスイの第1四半期は純損失9.5億円の赤字転落

ニッスイの第1四半期は純損失9.5億円の赤字転落

ニッスイの第1四半期は純損失9.5億円の赤字転落

東証・大証1部上場の「日本水産」(ニッスイ)は、2011年3月期第1四半期の連結業績を発表し、四半期純損益が9億4700万円の赤字転落となったことを明らかにしました。

2011年3月期第1四半期連結業績:日本水産

売上高 営業損益 純損益
11/3月期(1Q) 1194億2600万円 17億9400万円 △9億4700万円
10/3月期(1Q) 1209億4500万円 14億6900万円 6億4800万円
通期予想 5150億円 130億円 60億円

日本国内を中心に個人消費の低迷を受け売上は減少したものの、欧米における冷凍食品販売が堅調に推移したことなどで営業利益は増益を確保。しかし、投資有価証券の時価下落や資産除去債務に関する会計基準の適用などで純損益は一転して赤字に陥る結果となりました。

なお、当初予定の業績計画には及ばないものの、今後の収益改善は可能と判断し連結業績予想は据え置きとなっています。

平成23年3月期第1四半期決算短信

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事