不景気.com > 国内倒産 > ユニフォーム製造の「サンリット産業」が破産申請へ、負債33億円

ユニフォーム製造の「サンリット産業」が破産申請へ、負債33億円

ユニフォーム製造の「サンリット産業」が破産申請へ、負債33億円

大阪府大阪市中央区に本拠を置くユニフォーム製造の「株式会社サンリット産業」は、8月26日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1966年にスーツ・ブレザーの製造を目的として設立の同社は、民間企業や警察・自衛隊など向けにユニフォームの製造・販売を手掛け、兵庫県・宮崎県・福岡県に工場を開設したほか、ベトナムでの生産にも進出するなど事業を拡大していました。

しかし、民間企業を中心に私服勤務の職場が増えたことから、ユニフォーム需要が落ち込み売上が減少すると、工場建設などによる多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約33億円の見通しです。

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事