不景気.com > 赤字決算 > エディオンの20年第1四半期は28億円の営業赤字、出店費用で

エディオンの20年第1四半期は28億円の営業赤字、出店費用で

エディオンの20年第1四半期は28億円の営業赤字、出店費用で

東証・名証1部上場の家電量販大手「エディオン」は、2020年3月期第1四半期決算短信を発表し、四半期営業損益が28億9800万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2020年3月期第1四半期連結業績:エディオン

売上高営業損益純損益
2020年3月期(1Q) 1707億4200万円 △28億9800万円 △21億900万円
前年同期 1571億5400万円 10億9000万円 6億5200万円
通期予想 7500億円 183億円 125億円

4K・8Kチューナー内蔵テレビが好調だったことから、売上高は前年同期を上回ったものの、大型店となる「エディオンなんば本店」(大阪・難波)や「エディオン広島本店」(広島市)の新設・建替オープンに伴う関連費用や販管費の増加により、営業損益・純損益ともに赤字転落となりました。なお、通期業績については前回予想を据え置いています。

2020年3月期第1四半期決算短信:エディオン

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事