不景気.com > 買収合併 > 東芝が米LNG事業を仏Totalに売却、中国企業と契約解除で

東芝が米LNG事業を仏Totalに売却、中国企業と契約解除で

東芝が米LNG事業を仏Totalに売却、中国企業と契約解除で

東証・名証2部上場の電機大手「東芝」は、アメリカ産液化天然ガス(LNG)事業をフランスのエネルギー大手「Total」に売却すると発表しました。

同事業を巡っては、2018年11月に中国の民間ガス大手「新奥生態控股」との間で売却契約を締結したものの、今年4月に新奥生態控股から契約中止の連絡を受けたため、契約を解除し、新たな売却先を探していました。

経営再建中の東芝は、不採算となっているLNG事業からの撤退が喫緊の課題となっており、この売却に伴いTotalに約912億円の一時金費用を支払い、事業撤退に係る費用として約930億円の損失を計上する予定です。

米国産液化天然ガスに係る事業の売却に関するお知らせ:東芝

「買収合併」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事