不景気.com > 不景気ニュース > 広島国際学院大学が学生募集を停止、少子化で学生数減

広島国際学院大学が学生募集を停止、少子化で学生数減

広島国際学院大学が学生募集を停止、少子化で学生数減

広島国際学院大学を運営する「学校法人広島国際学院」(広島市)は、2020年度以降の学生募集を停止すると発表しました。

対象となるのは、広島国際学院大学の工学部と情報文化学部、それに同大学院の工学研究科と現代社会学研究科です。また、自動車短期大学部については学校種別を専門学校に移行し、高等学校・中学校については存続させる方針です。

広島国際学院大学は、1927年に創設の高等予備校を前身として、1967年に「広島電機大学」として設立され、1999年に現在の名称に変更していました。長きにわたり広島の地で運営を続けてきたものの、少子化に伴う学生数の減少により厳しい経営環境に陥っているため、運営の継続は困難と判断し学生募集の停止を決定したようです。

2020年度以降 広島国際学院大学・広島国際学院大学大学院 学生募集停止のお知らせ

「不景気ニュース」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事