不景気.com > 海外リストラ > 米自動車大手「フォード」が英工場を閉鎖へ、欧州不振で

米自動車大手「フォード」が英工場を閉鎖へ、欧州不振で

米自動車大手「フォード」が英工場を閉鎖へ、欧州不振で

アメリカの自動車メーカー「フォード・モーター」は、2020年の後期までにイギリス・ウェールズ南部にあるブリジェンド工場を閉鎖すると発表しました。

ブリジェンド工場は、フォードがイギリス国内で操業する二つのエンジン工場のうちの一つで、「ジャガー・ランドローバー」向けエンジンや、フォードの欧州域内向け1.5リットルエンジンの製造を行っています。

しかし、ジャガー向けエンジンの生産を終了するほか、フォードの新型エンジンの需要が低迷しているため、稼働率の低下により採算の確保が困難と判断し今回の決定に至ったようです。

なお、同工場の従業員については、イギリス国内におけるフォードの他拠点への配置転換や、再就職支援などで対応する予定です。

フォードは、2016年末に日本市場から撤退したほか、オーストラリアにおける自動車生産の終了、欧州における人員削減や工場閉鎖、南米における商業トラック事業の撤退や工場閉鎖、ロシアにおける乗用車市場から撤退など、世界的な事業の見直しを進めています。また、今年5月には全従業員の約1割に相当する7000名の人員削減も明らかにしています。

Ford - Potential Closure of Bridgend Engine Plant

「海外リストラ」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事