不景気.com > 赤字決算 > JTBの19年3月期は151億円の最終赤字、減損や再編損で

JTBの19年3月期は151億円の最終赤字、減損や再編損で

JTBの19年3月期は151億円の最終赤字、減損や再編損で

大手旅行会社の「JTB」は、2019年3月期連結決算を発表し、当期純損益が151億1600万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績:JTB

売上高営業損益純損益
19年3月期 1兆3673億円 63億2700万円 △151億1600万円
前期実績 1兆3229億円 51億3500万円 10億4300万円
次期予想 1兆3500億円 90億円 54億円

グローバル事業でのM&Aによる販売拡大などから、売上高は前期実績を上回ったものの、それに伴い新たにグループ入りした子会社の業績不振や、ITシステムの見直し・開発中止などが大きな減益要因となりました。

その結果、ソフトウェアやのれんなどの減損損失として76億8900万円、店舗・拠点集約や割増退職金などの事業再編損失として25億6400万円、関係会社整理損として19億4400万円、持分法による投資損失として22億8200万円、為替差損として14億1800万円などの費用を計上したことから、純損益は大幅な赤字に転落しました。

2019年3月期連結決算:JTB

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事