不景気.com > 企業不況 > フリークアウトが関連会社「M.T.Burn」を解散、LINE向け広告

フリークアウトが関連会社「M.T.Burn」を解散、LINE向け広告

フリークアウトが関連会社「M.T.Burn」を解散、LINE向け広告

東証マザーズ上場の広告業「フリークアウト・ホールディングス」は、関連会社の「M.T.Burn」(東京都港区)を解散および清算すると発表しました。

2013年に設立のM.T.Burnは、LINEが50.5%・フリークアウト・ホールディングスが49.5%をそれぞれ出資する合弁会社で、LINEに向けた広告配信プラットフォームの開発・運用を行っていました。

しかし、LINEにおいて新しい広告配信プラットフォームの開発および移行が完了したことから、両社合意の上で解散を決定しました。今後は、5月28日付で同子会社にて解散を決議し、9月をめどに清算が結了する予定です。

関連会社の解散に関するお知らせ:フリークアウト・ホールディングス

「企業不況」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事