不景気.com > 海外リストラ > 英百貨店「デベナムズ」が22店舗を閉鎖、経営再建の一環

英百貨店「デベナムズ」が22店舗を閉鎖、経営再建の一環

英百貨店「デベナムズ」が22店舗を閉鎖、経営再建の一環

4月9日付で会社管理手続を申請したイギリスの大手百貨店「デベナムズ」(Debenhams)は、経営再建策の一環として、2020年に22店舗を閉鎖すると発表しました。

経営再建策による計画では、2019年末まで既存店舗の営業を継続し、2020年以降に全166店舗のうち約50店舗を閉鎖する予定で、今回発表された2店舗の閉鎖はその計画に含まれます。なお、この施策に伴い約1200名の従業員に影響が出る見込みです。

1778年に創業のデベナムズは、イギリスの老舗百貨店の一角として知られるものの、インターネット通販の台頭により業績が悪化したため、自力での再建を断念し会社管理手続を申請していました。

Debenhams CVA plan to restructure store portfolio

「海外リストラ」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事