不景気.com > 赤字決算 > アピックヤマダの19年3月期は7億円の赤字へ、売上ずれ込み

アピックヤマダの19年3月期は7億円の赤字へ、売上ずれ込み

アピックヤマダの19年3月期は7億円の赤字へ、売上ずれ込み

東証2部上場で半導体製造装置金型などを手掛ける「アピックヤマダ」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が7億3300万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:アピックヤマダ

売上高営業損益純損益
前回予想 100億円 △4億4000万円 △4億6000万円
今回予想 91億9200万円 △6億7300万円 △7億3300万円
前期実績 126億6500万円 2億9200万円 4600万円

半導体市況の悪化や米中貿易摩擦の影響で、客先都合による新ラインの稼働延期などが発生し、それらの売上計上時期が4月以降にずれ込んだことから、売上高・営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:アピックヤマダ

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事