不景気.com > 赤字決算 > ポプラの19年2月期は21億円の最終赤字へ、客数減と減損で

ポプラの19年2月期は21億円の最終赤字へ、客数減と減損で

ポプラの19年2月期は21億円の最終赤字へ、客数減と減損で

東証1部上場のコンビニエンスストア「ポプラ」は、2019年2月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が21億8500万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年2月期通期連結業績予想:ポプラ

売上高営業損益純損益
前回予想 270億8800万円 △6000万円 3300万円
今回予想 260億9200万円 △3億9900万円 △21億8500万円
前期実績 287億6600万円 △3億3600万円 △7000万円

既存店における客数の減少や、人材不足を要因とする人件費の上昇に加え、収益性の低下や新システムの導入に伴い、店舗・工場・商品センター・旧POSシステムなどについて合計19億円の減損損失を計上することから、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

また、業績予想の下方修正を受けて、代表取締役社長の報酬を50%減額することも併せて明らかにしました。

業績予想の修正に関するお知らせ:ポプラ

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事