不景気.com > 国内倒産 > 神戸の漬物製造「黒田食品」が弁護士一任、負債9億円

神戸の漬物製造「黒田食品」が弁護士一任、負債9億円

神戸の漬物製造「黒田食品」が弁護士一任、負債9億円

兵庫県神戸市に本拠を置く漬物製造の「黒田食品株式会社」は、4月5日付で事業を停止し、事後処理を弁護士に一任したことが明らかになりました。

1913年に創業の同社は、看板商品の「十一の奈良漬」をはじめ、酒粕・らっきょう・各種漬物などの製造・卸を主力に事業を展開し、業歴の長い老舗の漬物業者として高い知名度を有していました。

しかし、近年は需要の低迷に伴う売上の減少に加え、販売した中国産の甘酢らっきょうから基準値を超える残留農薬が検出されたことで、信用の失墜により事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約9億円の見通しです。

「国内倒産」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事