不景気.com > 国内倒産 > 兵庫の米穀販売「小池米穀」が破産申請へ、産地など偽装

兵庫の米穀販売「小池米穀」が破産申請へ、産地など偽装

兵庫の米穀販売「小池米穀」が破産申請へ、産地など偽装

信用調査会社の東京商工リサーチによると、兵庫県明石市に本拠を置く米穀販売の「株式会社小池米穀」は、3月12日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1969年に創業の同社は、大手量販店・薬局などを取引先として米穀の卸販売を手掛け、2008年には神戸市内に精米工場を新設すると、2012年には台湾向け日本米輸出を開始し、また、2014年には無洗米加工ラインを新設するなど事業を拡大していました。

しかし、近年は売上低迷が続いたことに加え、積極的な設備投資に伴う厳しい資金繰りを余儀なくされるなか、東証1部上場の大手薬局チェーン「ウエルシアホールディングス」傘下の「ウエルシア薬局」および「シミズ薬品」に販売した米製品18品目について、表示と異なる産地の米を混ぜて精米したことや、実際と異なる精米日を記載して納入した偽装が発覚したため、信用失墜により事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

2018年3月期決算時点の負債総額は約2億8000万円です。

「国内倒産」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事