不景気.com > 赤字決算 > 大和の19年2月期は47億円の最終赤字、店舗閉鎖損失で

大和の19年2月期は47億円の最終赤字、店舗閉鎖損失で

大和の19年2月期は47億円の最終赤字、店舗閉鎖損失で

東証2部上場で百貨店経営の「大和」は、2019年2月期決算短信を発表し、当期純損益が47億5200万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2019年2月期通期連結業績:大和

売上高営業損益純損益
19年2月期 456億2700万円 3億7500万円 △47億5200万円
前期実績 455億900万円 1億2400万円 8900万円
次期予想 443億円 3億円 1億5000万円

高岡店の閉店に伴い、差入保証金などの回収不能見込額および店舗設備などの固定資産除却損などとして、約49億円の特別損失を計上したため、純損益は大幅な赤字転落となりました。また、年間配当を無配とすることも併せて発表しました。

2019年2月期決算短信:大和

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事