不景気.com > 国内リストラ > 南海電鉄が大阪の遊園地「みさき公園」から運営撤退、客数減

南海電鉄が大阪の遊園地「みさき公園」から運営撤退、客数減

南海電鉄が大阪の遊園地「みさき公園」から運営撤退、客数減

東証1部上場の鉄道会社「南海電気鉄道」は、2020年3月31日をもって「みさき公園」(大阪府岬町)の運営事業から撤退すると発表しました。

1957年に開園したみさき公園は、動物園やイルカショー・屋外大型プールが楽しめる総合遊園地で、ピーク期の1989年度には約72万人の来場者数を記録しました。

しかし、その後は来場者数の減少が続き、2017年度には約36万人にまで落ち込んだほか、長期にわたる営業損失の計上や、2017年度決算にて約33億円の減損損失を計上するなど不採算となっているため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

なお、運営撤退後の施設については、地元自治体と協議するとのことです。

「みさき公園」事業からの撤退について:南海電気鉄道

「国内リストラ」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事