不景気.com > 企業不況 > 小僧寿しを猶予期間入り銘柄に指定、10億円の債務超過で

小僧寿しを猶予期間入り銘柄に指定、10億円の債務超過で

小僧寿しを猶予期間入り銘柄に指定、10億円の債務超過で

東京証券取引所は、ジャスダック上場で持ち帰り寿しチェーンを展開する「小僧寿し」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。

これは、同社が2018年12月期決算において10億5700万円の債務超過に陥ったための措置で、猶予期間となる2019年12月31日までに債務超過を解消できない場合は上場廃止となります。

主力の小僧寿し事業において、既存店の売上減や原材料費・人件費の増加で業績が悪化していることに加え、2018年6月に子会社化した「デリズ」の業績低迷によるのれんの減損損失などから、2018年12月期決算は16億7800万円の純損失を計上し、債務超過に陥りました。

同社によると、第三者割当増資などによる資本施策を実施し、債務超過の解消を目指すとのことです。

上場廃止に係る猶予期間入り:(株)小僧寿し | 日本取引所グループ

「企業不況」の最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事