不景気.com > 赤字決算 > ヴィア・ホールディングスの19年3月期は24億円の赤字へ、無配

ヴィア・ホールディングスの19年3月期は24億円の赤字へ、無配

ヴィア・ホールディングスの19年3月期は24億円の赤字へ、無配

東証1部上場で「備長扇屋」などの飲食チェーンを展開する「ヴィア・ホールディングス」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が24億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:ヴィア・ホールディングス

売上高営業損益純損益
前回予想 270億円 1億円 △3億円
今回予想 265億円 △6億5000万円 △24億円
前期実績 283億4000万円 9400万円 △22億6600万円

宴会需要の大幅減や不採算18店舗の閉店により減収を見込むほか、採用コストをはじめとする人件費の上昇や物流コストの高騰、新基幹システムの不具合による効率性の悪化などから、営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。また、業績予想の赤字修正を受け、年間配当を無配とすることも併せて明らかにしました。

業績予想の修正に関するお知らせ:ヴィア・ホールディングス

「赤字決算」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事