不景気.com > 国内リストラ > 千趣会の希望退職者募集に212名が応募、想定25%下回る

千趣会の希望退職者募集に212名が応募、想定25%下回る

千趣会の希望退職者募集に212名が応募、想定25%下回る

東証1部上場の通信販売大手でベルメゾンなどを展開する「千趣会」は、10月26日付で公表していた希望退職者の募集に212名が応募したことを明らかにしました。

対象となったのは同社およびグループ会社の「千趣会ゼネラルサービス」「千趣会ビジネスサービス」「千趣会サービス・販売」に所属する45歳以上の正社員および契約社員などで、退職日は12月31日の予定です。

当初の募集人員280名に対し、応募者数が少なかったため募集期間を延長して実施したものの、想定した人員数に届かず、結果として約25%少ない応募者数となりました。なお、この施策に伴う費用として約12億円の特別損失を計上する予定です。

インターネット通販の台頭などによる競争激化で、赤字が続くなど厳しい環境に陥っており、社長交代や取締役の人数削減、大阪本社の売却をはじめとする資産処分や、商品型数の削減を進め業績回復を目指す方針です。

希望退職者募集の結果及び特別損失の計上に関するお知らせ:千趣会

「国内リストラ」の最新記事

関連記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事