不景気.com > 赤字決算 > スルガ銀行の19年3月期は975億円の赤字へ、シェアハウス問題

スルガ銀行の19年3月期は975億円の赤字へ、シェアハウス問題

スルガ銀行の19年3月期は975億円の赤字へ、シェアハウス問題

東証1部上場の地方銀行「スルガ銀行」は、2019年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が975億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2019年3月期通期連結業績予想:スルガ銀行

売上高経常損益純損益
前回予想 --- 365億円 250億円
今回予想 --- △755億円 △975億円
前期実績 --- 105億円 69億円

シェアハウスをはじめとする不動産投資向け融資について、審査書類の改ざんなどの不適切な融資が明らかになったことから、貸倒引当金を大幅に積み増したため、経常損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:スルガ銀行

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事