不景気.com > 国内倒産 > 奈良のスキー靴製造「奈良スポーツ」に破産開始決定

奈良のスキー靴製造「奈良スポーツ」に破産開始決定

奈良のスキー靴製造「奈良スポーツ」に破産開始決定

2018年3月に事後処理を弁護士に一任したことを既報のスポーツ用品メーカー「奈良スポーツ株式会社」(奈良県田原本町)は、11月15日付で奈良地方裁判所葛城支部より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1946年に創業の同社は、スキーブーツやスノーボードブーツの製造を主力に事業を展開し、同社の契約選手が冬季オリンピックに出場するなどアスリートからの信頼も厚く、また、スキーブームとともに事業を拡大していました。

しかし、スキー人口の減少や海外製品との競争激化で業績が悪化すると、1997年には和議を申請し再建を目指したものの、その後も業績の回復には至らず、2018年3月1日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入っていました。

事業停止時の負債総額は約10億円で、事件番号は平成30年(フ)第244号で、財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は2019年2月4日までです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事