不景気.com > 赤字決算 > カヤックの18年12月期は最大4億円の営業赤字へ、新作不振

カヤックの18年12月期は最大4億円の営業赤字へ、新作不振

カヤックの18年12月期は最大4億円の営業赤字へ、新作不振

東証マザーズ上場でウェブサイトやソーシャルゲーム制作の「カヤック」は、2018年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期営業損益が最大で4億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年12月期通期連結業績予想:カヤック

売上高営業損益純損益
前回予想 73億円 8億5000万円 6億円
今回予想 59億円 △2億円~
4億円
0~
3億円
前期実績 60億8700万円 6億7500万円 5億700万円

当期にリリースした新規のソーシャルゲームタイトルについて、顧客獲得の失敗により売上が想定を下回って推移していることから、営業損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。また、業績予想の下方修正を受け、代表取締役の役員報酬を50%減額することも併せて明らかにしました。

業績予想の修正に関するお知らせ:カヤック

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事