不景気.com > 企業不況 > ブライトパスが子会社「アドバンスト・イミュノセラピー」を解散

ブライトパスが子会社「アドバンスト・イミュノセラピー」を解散

ブライトパスが子会社「アドバンスト・イミュノセラピー」を解散

東証マザーズ上場の創薬ベンチャー「ブライトパス・バイオ」は、100%出資子会社の「アドバンスト・イミュノセラピー」(東京都千代田区)を解散および清算すると発表しました。

2016年に設立の同子会社は、iPS-T細胞を用いたがん免疫療法製剤の開発を主力に事業を展開していたものの、iPS-Tにかかる東京大学および順天堂大学との共同研究を終了したことから、現在は休眠状態となっているため今回の措置に至ったようです。

今後は、10月下旬に同子会社の臨時株主総会にて解散を決議し、2019年3月をめどに清算が結了する予定です。また、この件に伴う業績への影響は軽微とのことです。

子会社の解散に関するお知らせ:ブライトパス・バイオ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事