不景気.com > 国内倒産 > 山形・上山の「材木栄屋旅館」が事業停止、自己破産へ

山形・上山の「材木栄屋旅館」が事業停止、自己破産へ

山形・上山の「材木栄屋旅館」が事業停止、自己破産へ

山形新聞(電子版)によると、山形県上山市に本拠を置く温泉旅館経営の「株式会社材木栄屋旅館」は、8月31日付で事業を停止し、近日中に自己破産を申請することが明らかになりました。

1921年(大正10年)に創業の同社は、かみのやま温泉にて木造数寄屋造りの温泉旅館「材木栄屋旅館」(全18室)の経営を手掛けていました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みに加え、同業他社との競争激化で業績が悪化したため、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

2017年6月期末時点の負債総額は約2億6000万円です。

材木栄屋旅館(上山)が事業停止 近く自己破産申請|山形新聞

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事