不景気.com > 国内倒産 > 横須賀の生コン製造「成正」が事業停止、負債50億円

横須賀の生コン製造「成正」が事業停止、負債50億円

横須賀の生コン製造「成正」が事業停止、負債50億円

神奈川県横須賀市に本拠を置く生コン製造の「株式会社成正」は、8月31日付で事業を停止したことが明らかになりました。

1971年に創業の同社は、生コンクリートの製造・販売を主力に事業を展開するほか、土木・建築資材の販売を手掛けていました。

しかし、設備投資に伴う多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、営業継続を目的として事業を新「株式会社成正」に分割譲渡した一方、自らは2018年5月21日付で特別清算の開始決定を受け、その後は新会社が経営再建に向け事業を展開したものの、7月末には決済難に陥るなど事業継続が困難な状況となり今回の措置に至ったようです。

東京商工リサーチおよび東京経済によると、負債総額は約50億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事