不景気.com > 赤字決算 > ナガセの第1四半期は19億円の営業赤字に拡大

ナガセの第1四半期は19億円の営業赤字に拡大

ナガセの第1四半期は19億円の営業赤字に拡大

ジャスダック上場で学習塾の「東進ハイスクール」などを運営する「ナガセ」は、2019年3月期第1四半期決算短信を発表し、四半期営業損益が19億6200万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2019年3月期第1四半期連結業績:ナガセ

売上高営業損益純損益
2019年3月期(1Q) 84億4900万円 △19億6200万円 △14億2500万円
前年同期 84億5500万円 △10億3500万円 △11億1000万円
通期予想 479億7500万円 57億2200万円 28億6500万円

高校生部門の売上が前年同期に比べ減収となったことに加え、積極的な広告活動に伴い約18億円の広告宣伝費を計上したことから、営業損益・純損益ともに赤字拡大となりました。なお、生徒募集期にあたる第3・第4四半期に売上が集中することから、通期業績については前回予想を据え置いています。

2019年3月期第1四半期決算短信:ナガセ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事