不景気.com > 国内倒産 > 大阪のドラムメーカー「サカエリズム楽器」が弁護士一任

大阪のドラムメーカー「サカエリズム楽器」が弁護士一任

大阪のドラムメーカー「サカエリズム楽器」が弁護士一任

信用調査会社の帝国データバンクによると、大阪府大阪市に本拠を置くドラムメーカーの「株式会社サカエリズム楽器」は、5月1日付で事後処理を弁護士に一任したことが明らかになりました。

1925年に創業の同社は、高級ドラムを主体とする楽器の製造業者で、世界の大手楽器メーカーなどに製品をOEM供給するほか、2009年にはオリジナルブランドの「SAKAE Drums」を立ち上げ、国内はもとより海外に向けて販路を拡大していました。

しかし、同業他社との競争激化に加え、市場の縮小も重なり売上が減少すると、資金繰りの行き詰まりにより決済難に陥ったため、2017年4月に事業を停止し、その後は事後処理を進めていました。

負債総額は約7億7000万円の見通しです。

サカエリズム楽器、債務整理を弁護士に一任(帝国データバンク) - Yahoo!ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事