不景気.com > 赤字決算 > 幸楽苑の18年3月期は純損益32億円の赤字転落

幸楽苑の18年3月期は純損益32億円の赤字転落

幸楽苑の18年3月期は純損益32億円の赤字転落

東証1部上場でラーメンチェーン展開の「幸楽苑ホールディングス」は、2018年3月期決算短信を発表し、当期純損益が32億2500万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績:幸楽苑ホールディングス

売上高営業損益純損益
18年3月期 385億7600万円 △7200万円 △32億2500万円
前期実績 378億300万円 1億4700万円 1億5400万円
次期予想 384億4600万円 6億2900万円 2億6900万円

2016年の異物混入事件以降、来店客数は十分な回復に至っておらず、また、原材料価格や人件費の上昇で厳しい環境が続いており、加えて、不採算店舗について21億3700万円の減損損失を計上したことから、営業損益・純損益ともに赤字転落となりました。

2018年3月期決算短信:幸楽苑ホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事