不景気.com > 赤字決算 > 広島電鉄の18年3月期は2.25億円の営業赤字へ、流通不振

広島電鉄の18年3月期は2.25億円の営業赤字へ、流通不振

広島電鉄の18年3月期は2.25億円の営業赤字へ、流通不振

東証2部上場の「広島電鉄」は、2018年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期営業損益が2億2500万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2018年3月期通期連結業績予想:広島電鉄

売上高営業損益純損益
前回予想 403億1000万円 △9000万円 8億6000万円
今回予想 402億5200万円 △2億2500万円 8億5500万円
前期実績 422億3100万円 6億8400万円 13億100万円

近隣商業施設との競争激化や、商業ビル「ひろでん会館」の閉鎖に伴うテナント退店の影響、天候不順によりサービスエリアの利用者が減少するなど、主に流通部門が不振だったことから、営業損益は前回予想を下回る見通しとなりました。

なお、路線バスの維持に伴う運行補助金が想定を上回ったことから、純損益はほぼ前回予想通りとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:広島電鉄

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事